GAME DVR の性能は上がった ?

Windows 10 Creators Update で FF14 の GAME DVR でのフルスクリーンサポートが 14986 の段階で行われて、実際に設定も増えていて、image
これはいけるのでは ? っという事で、検証してみました GeForce Experience との比較です。なお、ドライバーのバージョン 381.65 が正式に Creators Update 対応との事なので、381.65 付属の GeForce Experience です。

GeForce 側の設定は YouTube に上がる関係で、普段ゲームをしている 4K が分かるように、30 fps にしました。  GAME DVR 側は 4K でプレイしても Full HD でしか録画されないので、Full HD の 60 fps という事で、60 fps にしてあります。

 

結果

 

ゲームへの影響があるかどうかですが、GeForce Experience は明らかにフレームレートが下がります。 10~20 fps は下がるので、下手するとゲームに支障が出ます。しかし、録画された映像はフレームの飛びも無くてきれいでした。

GAME DVR はゲーム内への影響はまったくありませんでした。体感的にも、fps の表示もいつもと同じです。 しかし、録画された映像は 16 fps と、フレームが飛びまくり、これは使えないという感じの映像でした。

ではどんな映像になるのか、YouTube にアップしました。
※ ネタバレ注意!! パッチ 3.56 のメインストーリーで出てくる動きの速いカットシーンで比較していますので、パッチ 3.56 が終わっていない人は見ない方がよいです。

– GeForce Experience –

– GAME DVR –

結論としては、やはりちゃんと録画する場合は、GeForce Experience でないとダメって感じです。

広告

GAME DVR の性能は上がった ?」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中