最近のいろいろ

3.1 が待ち遠しい今日この頃ですが、最近はいつも仲のいいフレとエキルレいって~、討伐いって~、アレキNで装備をゲットして~、禁書カンストしたらその週終わりで、後は他のジョブ上げたり、ちょっと別のゲームしてみたりですねw

クウァールレギナで戦闘前だったから偶然 SS 撮れたりw
ffxiv_20151002_220110 (2)
ffxiv_20151002_220115 (2)

機工士上げているときに ID 行ったらレッサーパンダにロット勝ちしたりw
ffxiv_20151007_224409 (2)

 

 

別のゲームといえば、ドラゴンズドグマオンライン(DDON) を やってみました。吉 P がファミ通のコラムで「がんばって」って書いた事や UI が FF XIV に似ているって事でも有名ですよね。
http://livedoor.blogimg.jp/tekitou_matome-sss/imgs/b/5/b5195082.jpg

CB2 もやったこともあり、正式サービススタート後にソーサラーを LV40 カンストさせて、装備もすべて LV40 にしてみたけど、うーん、、、もうやらないかなって感じです。

一番のポイントは MMO じゃなくて MO だってところですかね。
他のプレイヤーとすれ違うのは、最初に降り立つ神殿のみ。フィールドに出た瞬間からそのプレイヤーか PT 組んでいる場合はその PT だけのインスタンスです。なので、誰ともすれ違わないw

そのため、FF14 でありがちな辻ヒールや、戦闘で困っている人を助けるなんてことも無く、当然 FATE のように大人数でわいわいとオーディンを倒す、S モブにわいわい群がるとかも無いんです。

 

2 番目のポイントは、キャラが可愛くない&表情が無い点。
キャラメーキングでどうやっても可愛らしいあるいは、美形なキャラが作れない。NPC も含めて会話でまばたきおよび、口も動くけど表情を一切変えないので、クエストを進めているときの会話に対して表情が無機質で気持ち悪かったです。この表情の無さを見て、FF14 ってすごいな~ってあらためて思いましたね。ヒルディとかのクエは特にそうですが、NPC の表情の変化の多様性が素晴らしいし、PC も表情の表現が同様にできるのは楽しさの要素として重要だな~っと。

そのおかげで、コミュニティ放送にも紹介されていましたけど、「ETHER SKY」っていうユーザー短編映画も作れるんだな~って思いましたね

 

3 番目のポイントはロールが重視されていない点。
(これは良し悪しがあると思いますが。。。)
PT は4人、グランドミッション(GM) というのだけ 8 人。基本的に求められるのは DPS なので、DPS 4人、DPS 8人 でクリアできる。逆にヒーラーの存在が空気になっていて、ポーションが湯水のように使えるので、ヒーラー居なくても問題ないという状況に。タンクも居れば便利ぐらい。ソーサラーからすれば詠唱時間が長いので、いてほしい存在でしたが、ハンターやファイターから見ると必要なさそうな感じでした。

 

グラフィック、サウンドとメインストーリーは圧倒的に FF14 の方が勝っているので、その感想は割愛です。あ、装備グラフィックは好きな人もいるかもですね。海外ゲームにありがちな、リアル世界に似せるタイプです (黒い砂漠も同じ感じですね)。 リアル世界に似せるという事はすなわち汚いって事で、装備も汚れているんですよね。
私は FF14 のようなファンタジー世界での美しさ、汚れのない綺麗な装備グラフィックがとても好きなので、私には FF14 の方が向いていますw

後は、レベルカンスト後の遊びが用意されていない点ですね。FF14 だとレベルカンスト後に行ける ID がちゃんと用意されていますが、そういうのが無いです。

 

じゃ、いいところは無いのか?ってなりますよね。いいところも上げておこうと思います。

1番目のポイントは、地形を利用した戦闘ができる点です。
大型の敵と対峙するとき、FF14 の ID で言うところの中ボスとかですが、そこはエリアで区切られており、その外で戦うという事は出来ませんが、DDON の場合有利な場所で戦うという事が出来ます。なので、ダンジョンで大型の敵と遭遇したら、脇にある小部屋に逃げ込んで敵が入ってこれない状態で攻撃するとかが可能です。動画はこちら

 

2番目のポイントは、敵が行動範囲外に出ても敵の HP が回復しない点です。
FF14 の場合敵を引っ張りすぎて行動範囲の外に出ると、ダメージが与えられなくなり、元のポジションに戻って敵の HP が全快しますが、DDON だと元のポジションに戻っても HP が回復しないので、これを利用して倒すことも可能です。

 

3番目のポイントは、サブクエが何回でも受けられる点です。
フィールドに存在するサブクエはインスタンスであるせいか、一旦リセットされる動作 (神殿に飛んでまた戻る) を行うと、すべて復活します。 FF14 と同様に敵を倒すよりはクエストをこなした方が経験値はたくさん入るので、サブクエが何回も受けられるのは良いですね。

 

そのほか、ポーンという傭兵を育てる仕組みがあり、ソロでも 4 人PT を作れるようになっていますが、これは FF14 もグランドカンパニーで部下を育てるというのが今後の実装予定に入っているので、特筆すべきものでは無いかな。

 

 

まぁ DDON はこれくらいにして、フレが Tree of Savior の CBT 当選してやってみたら結構よかったという話をしていたので、次のターゲットはこれかなw
もちろん FF14 の合間にやる予定なので、3.1 が来たらそっち本命で~^^

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中