求めるは 4K !!

FF XIV 新生エオルゼアはリリース当初から 4K 対応となっていて、いつかは 4K ! と思っていたのですが、NVIDA GTX 980 のリリースや Alienware からも Alrea 51 R2 発売もあって、私もついに!!  4K デビューしました~~~

ベンチマークのテスト結果なども載せていきます。比較はノート PC ですが、現役の Alienware M18XR2 です。

下記データからも明らかなのですが、4K は Full HD の 4 倍の面積があるので、Full HD で快適に動作していたスコアと同じぐらいのスコアを叩き出そうとすると、やはりこれくらいのスペックじゃないと厳しい事が分かります。

今回、Area 51 R2 の購入と同時に G-SYNC 対応の 4K ディスプレイとして、Acer の XB280HK を購入しました。G-SYNC はフルスクリーンの時にのみ機能するのですが、FF14 ベンチマークを何回か走らせていて、3D Mark の結果に比べ、どうもスコアが伸びない (実際のゲームは快適です) & FPS が 60 付近にキープされている事から、仮想スクリーンにしたところ他でレポートされているぐらいのスコアになりました。

どうやら、G-SYNC 対応ディスプレイに接続している場合には、フルスクリーンの場合フレームレートの調整が入る関係で、ベンチマークに影響がでるみたいです。
—- 2014/12/24 追記: ゲーム中フレームレートの制限なしにしても 60 fps から上に行かないことが分かったので、間違いなく G-SYNC 対応ディスプレイのフレームレート調整が入っている事が分かりました —-

今回は Intel 730 シリーズの SSD 2 つで RAID 0 にしたので、テレポ アウト時やエリア 切り替え時の待ちは少し早くなっています。

28 インチの 4K は明らかにアイコンからフォントまで小さくなるので、FF 14 をプレイする分にはよいのですが、100 %のサイズ (96 dpi) で仕事で使おうとするとかなり厳しいと思いました。逆に 100% にしないと、広くなったメリットは無いですしね。。。 今後考えている人は、G-SYNC 対応のディスプレイでもう少しサイズの大きいものがあればその方がよいかもしれないです。

PC 名 Alienware M18X R2 Alienware Area 51 R2
CPU Core i7-3840QM Core i7-5960X
Memory 16 GB 32 GB
Video Card AMD Radeon 7970M x2
CrossFire X
NVIDIA GeForce GTX 980 x3
SLI
FF 14 インストール
ディスク
TOSHIBA
THNSNH512GCST
INTEL SSDSC2BP240G4 x 2
RAID 0
Full HD ベンチマーク
3D Mark
Fire Strike
3DM_FireStrike_140216
7888
OC_b
24570
Full HD ベンチマーク
FF14
FF14_140216
12442
計測なし
4K ベンチマーク
3D Mark
Fire Strike Ultra
計測なし 4K_a
7683
4K ベンチマーク
FF14
レポートのみ
5327
4k_c
11550 – 仮想フルスクリーン
4k_b
7390 – G-SYNC 対応ディスプレイ接続のフルスクリーン
ディスク スコア TOSHIBA_Before SSD730x2
接続ディスプレイの大きさとアイコンサイズ 29インチ Full HD
IconSize-FullHD
10.5 mm
28インチ 4K
IconSize-4K
7 mm
広告

求めるは 4K !!」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 新ベンチマーク! | Ryner Lute @ カーバンクル

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中